FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
栗のその後
- 2006/10/01(Sun) -
先日大量に拾った栗。
約半分は妹の所へ、残った我が家の約1.5キロの行方。
栗ご飯は絶対しようと思ってたんですが、残りのをどうするか考えてなくって
一緒に行った友人が『渋皮煮にする』って言ってたので私もそうすることに。
実は渋皮煮は作るのも食べるのも初めて(我が家は甘露煮派)だったので
ネットでいろいろレシピを探して挑戦
甘露煮より渋皮煮の方が栗の風味が良いらしい、ナルホド。

まず栗を渋皮を残して剥く事に苦戦
難しい!
渋皮を傷つけるとそこから破れて煮崩れてしまうとかで…
約1㌔を剥くのに1時間半、この時点でかなり嫌気(笑)
061001_153824.jpg
で、お湯に入れて約10分、ひたすらあく取りを繰り返す。
水が真っ黒になって泡がピンクになってまぁ~~すごいあく!
この作業を5回繰り返す…さきはまだ長い

で、6回目にお砂糖を加えて約2時間ゆっくり煮ます。
決してボコボコ煮立たせてはいけません。
061001_202159.jpg
約2時間後、このようなツヤツヤに
渋皮煮の完成で~~~す
と~~~~っても柔らかで、歯の悪いうちの父上でも大丈夫
苦労しただけの味ですね、食べるのはあっとゆう間だけど
061001_181407.jpg
栗おこわも大変おいしゅうございました

スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やっぱこれかな | メイン | 秋ですから>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://pikopikoanjyu.blog39.fc2.com/tb.php/141-46f81078
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。